中国に行くならwifiを持っていこう

女の人

用途別に使用できる

スマホを操作する人

旅行で活用

普段使い慣れているスマホや携帯と一緒に中国へ旅行にいく場合、予めwifiをレンタルしておくとその場で使用できます。空港内で受け取れるので楽ちんですよ。wifiがあれば翻訳アプリが使えるので言葉が通じなくても安心です。口コミサイトを使ってお店情報をチェックすると現地で人気のレストランやお店でおいしい食べ物を堪能できます。初めての地で活躍するのはネットやアプリなので、快適に使うためにもwifiのレンタルを考えましょう。

ビジネスシーンで活躍

空港からの受取りは忙しい人にとって大変助かります。中国で使用できるwifiはパスポート一つで簡単に受け取りが可能です。現地に付いた後すぐに社内メッセージや現地の社員とやり取りができるのは心強いでしょう。バッテリーを持ち歩いておけば、商談が長引いても充電の量を気にせず続行できます。

通信料が気にならない

日本にいる時のような使い方を中国ですると莫大な通信料がかかりますが、格安wifiを持ち歩くことで、通信料を抑えることができます。お得にそして気軽に使えるのがwifiの魅力でしょう。海外に行く時は必ずレンタルされています。

世界各国で利用できる

レンタルwifiは中国のみならず、世界各国で利用できるのもwifiならではの強みです。中国以外に他の国に行きたい時もwifiがあれば気軽にネットを繋げることができます。旅行のお供としてサポートしてくれる頼もしいアイテムです。

よくある質問をチェック!

データ通信量の目安が知りたいです

100MBだとウェブなら500ページ閲覧できます。メッセージのやり取りは、最大で一万通、動画再生は一分と短くなります。地図も開ける回数が制限されるので、現地のガイドマンを使うかガイドブックの併用が必要です。

いくつまで接続が可能ですか?

同時に使用するなら3台から5台くらいです。一台につき一人に割り振られるので、団体旅行に使えますよ。環境によっては繋がりにくい可能性があるのでルーター選びには十分気を付けましょう。

充電はどのくらい持ちますか?

これに関しては、環境や通信する台数で変わってきますのでどのくらい持つのかを明確に答えられません。目安としては3時間から5時間の間でしょうか。電源が切れても対処できるよう、バッテリーを持ち歩いてください。

支払い方法はどうなっていますか?

レンタル会社で違いますが、大体はクレジットカードでの支払いです。ただしクレジットカードをもっていない場合のみコンビニと銀行にて決済が可能です。

飛行機内で使いたいのですが・・・

上空にいる間のwifiの使用は原則禁止となっています。そのため、離陸してから着陸までは使用を控えるようお願いしています。ルーターの電源をOFFにするなど、飛行中の妨げにならないようご注意ください。

広告募集中