他との違いを探る

女の人

様々な視点で見比べよう

携帯

価格で見る

海外のパケット定額を使うと月で大体3000円はしますが、wifiをレンタルした場合一日たったの数百円で利用できます。スマホに限らず、タブレットやソートパソコンにも使えるのでこの金額はお得だといえます。ちなみにプリペイドだと1000円から6000円はかかります。

台数で比べる

複数台で使えるのはレンタルwifiと海外のパケット定額、中国で使えるフリーwifiです。レンタルwifiは、平均で5台ですが、パケット定額だと現地で携帯していないキャリアの場合莫大な通信料が発生します。

使いやすさを見る

プリペイドは他よりも使い勝手が悪いようですが、レンタルwifiルーターの電源を入れてパスワードやIDを入力すればすぐに接続することができます。ただ、使う度に持ち歩く必要があるのでそこだけは不便です。

速度制限で比較

フリーwifiやプリペイドは、レンタルwifiよりも速度が劣るのでイライラするかもしれません。そう考えると、中国や他で使用するなら、レンタルwifiが総合的にみて使い勝手が良いと判断できます。

最も使用されているwifiの特徴

no.1

ビジネスマンに人気

業界最大手のレンタル会社が提供するwifiは、海外出張が多いビジネスマンから愛されています。速度が速く、業界でもトップだといわれています。受け取りから返却まで空港で出来るのはありがたいでしょう。

no.2

最大10台接続可能

団体旅行客におすすめなのが一台のルーターで端末を10台接続できるものです。利用料金は他社に比べて高くなりますが、皆で折半すればよりお得に利用できます。

no.3

価格重視

他に比べて安いところだとサービスやルーターの質が落ちるのではと心配しますが、大手なのでサポートがしっかりしています。帰国後は、ポストに投函するだけのカンタンな返却法なので面倒くさがりには最適です。

no.4

24時間サポートがある

日本との時差がある海外でトラブルがあった時に助かるのが24時間受付しているサポートになります。近年はどのレンタル会社も行っているので渡航先でもサポートが受けられます。

no.5

プランが充実している

やはり大手のレンタル会社は、選べるプランが沢山あるので助かります。旅行やビジネス、長期滞在向けのプランには後からつけられるオプションもあるので、より快適に使用できます。

広告募集中